楽団概要

楽団名称中越シンフォニックウィンドオーケストラ
楽団沿革

1978年に中越高校吹奏楽部のOBが中心となって、新潟県長岡市に『中越吹奏楽団』を設立しました。新潟県中越地域に根ざした活動を行いたく、『中越』を団名に組み込みました。

「シンフォニックな響きのする演奏をめざそう」という趣旨と当時の演奏会で行っていた「吹奏楽でシンフォニーを演奏しよう」という試みから、1994年に団名を『中越シンフォニックウィンドオーケストラ』に改称しました。

現在では団員を広く一般公募しアマチュアとして活動する市民吹奏楽団です。

団員は20代前半から50代まで幅広い年齢層で、平均年齢は32才くらいです。

活動目的

楽器の演奏を通して団員の交流と地域の音楽文化の向上を図る。

自分たちが楽しんで演奏することで、演奏を聴いて下さる方にも楽しくなってもらえるように心掛けて演奏活動を行っています。

演奏面では団員がみんなで意見を出し合って、自分たちの音楽を作り上げていきます。

イチバンは「楽しく演奏する」を心掛けています。

活動場所

長岡市中央公民館(さいわいプラザ)、リリックホール

練習日

毎週水曜日・第2土曜日・第4日曜日(19:00〜21:30)

この他必要に応じて練習日を設けています。

団員構成

現在団員数24名です。概ね社会人です。

学生さんもおられます。

活動概要

・演奏会

・野外音楽堂での演奏(千秋が原ふるさとの森 野外音楽堂)

・中越吹奏楽フェスティバル

・老人ホーム慰問演奏